UA-204954624-1 ガスコンロを長持ちさせる方法 | 子育てと暮らしのアイデア手帳。

ガスコンロを長持ちさせる方法

2021年9月30日

こんにちは!2021年6月から新築建売住宅に住んでいるかりみんです。
新居に住んだら、キレイな家を保とう!と決心する方が多いのではないでしょうか。私もそのうちの一人です(笑)

今回は、ガスコンロを長持ちさせる方法をガス会社さんから教えてもらったので、まとめました。

やかんなどをコンロのゴトクの上に置きっぱなしにしない

センサー部分が作動し続けることになるので電池の消耗が早くなるとのこと。
私いつも、やかんとかフライパンとかずっとコンロの上に置きっぱなしにしてましたが
この話を聞いてから置くのを辞めました。

バーナーキャップは取り外して、定期的に清掃する

長く使っていると次第にススが付いてくるみたいなので、
歯ブラシなどで汚れを落としてあげると長持ちするとのこと。
(銀色のギザギザのところ)

コンロはキレイな状態を保つ

汚れを放置したままにしとくと傷むのが早くなるとのこと。

【掃除方法】

①中性洗剤をコンロにたらす。

②サランラップをくしゃくしゃに丸めてこする。

③最後に布巾などで拭き取る。

そうすると、コンロを傷つけずに少ない洗剤でキレイになります。

まとめ

IHに憧れはあったけれど、ガスコンロが標準設備だったので変更せず、そのまま使ってます。
ガスコンロの魅力は、なんと言っても火力ですよね!フライパンを宙に浮かせて振るうことが出来て、料理人気分を楽しめます(笑)あと、見た目で火加減が分かるので、調整がしやすいです。
ガスコンロはお手入れが手間ですが、少しでも長く使えるように日頃から掃除を頑張りましょう!!

マイホーム

Posted by かりみん