UA-204954624-1 引っ越し荷造りのアイデア | 子育てと暮らしのアイデア手帳。

引っ越し荷造りのアイデア

2021年12月2日

こんにちは!1歳の娘を子育て中のかりみんです。

新居への引っ越しは、ドキドキワクワクですよね!
ただ、引っ越しとなると、やらなきゃいけないことがたくさん。
日常生活を送りながら、荷造りするのは時間もないし大変ですよね。
効率的に早く終わらせたい!と思う方が多いのではないでしょうか。

今回は、引っ越し荷造りのコツをご紹介します。


荷造りする順番

①普段使わないもの
季節物や思い出の品などから、詰めていきましょう。

②使う可能性があるもの
キッチン関係も時間がかかるので早めに詰めると良いでしょう。

③当日まで使うもの
当日にダンボールが足りなくなっては困るので、
余分にダンボールを残しておきましょう。

引っ越し荷造りのコツ

・ダンボールに入れた物と収納する部屋を記載する
側面と上に記入。
引越し先の部屋に番号を割り振り、
その番号を記入しておくと
引越し業者にも指示が出しやすいです。
荷造りする前に、新居のどの部屋に何を収納するかを
決めておくことが大事。

・軽い物は大きなダンボール、重い物は小さなダンボールに入れる
【一人で持てる重さ】が基本です。
大きなダンボールに重い物をたくさん入れると、
底が抜ける場合があります。
ある程度の重さになったら、
軽い物を入れるなどして重さを調節して下さい。

・数箱同時並行で詰めると、すき間なく入れやすくなる
一つのダンボールに荷物をキレイに収めるのは難しいです。
「これ、どこに入れよう」という物も、
数箱同時に荷造りしていると入れる箱がきっとみつかります。

・ダンボールの封をするのは最後の最後
まだ必要だっ物を詰めてしまった際、探すのに一苦労します。
引っ越す日の直前に封をしましょう。

引っ越し作業で必要なもの

・ダンボール

・ガムテープ

・油性マジック
黒色と赤色の2色があると便利。
ワレモノや当日すぐに使うものが入っているダンボールには
赤色のペンを使うと目立ってわかりやすいです。

・緩衝材
新聞紙、プチプチなど、食器やワレモノを荷造りする時に必要です。
タオルやぬいぐるみを緩衝材代わりに使うとゴミが減ります。

💡契約した引っ越し業者から、
ダンボールやガムテープを支給してもらえることがあります。
また、布団袋やハンガーラックを
無料で貸してくれる引越し業者もあるので、
契約時に確認してみて下さい。

まとめ

荷造りは大変ですが、ちょっとした一工夫で
効率よく詰めていけて、荷ほどきも楽になります。
引っ越し当日に、慌てることがないよう、
余裕を持って準備しましょう。

マイホーム

Posted by かりみん